更年期にうつ病になりやすい?違いや治療法も解説

更年期にはうつになりやすいの?

更年期とは閉経を迎える前後の各5年、個人差はありますが40代後半〜50代前半の10年間を指します。更年期の女性の約20%が「気分がしずむ」といった抑うつ症状に悩まされているというデータもあり、実は更年期とうつには密接な関係があると言えます。

また、男性に比べて女性の方がうつ病になりやすいことが分かっており、更年期になるとそのリスクはさらに高まることが知られています。

「更年期障害」と「うつ病」はどう違うの?

更年期障害の一部として抑うつ症状が出ることもあれば、更年期の時期にうつ病を発症することもあります。この2つは治療が異なってくるため、正しく診断することが重要です。

しかし見分けることは専門の医師でないと難しく、症状の違いをひとことで表すことはできません。

うつ病である可能性をご自身でチェックできる方法として、当院の記事が参考になりますので是非ご覧ください。

関連記事

うつ病を早期発見するためのチェックリスト 最近、こころに違和感を感じていませんか?うつ病などの精神的疾患からくる症状を早く改善するためには、うつ病の早期発見・早期治療がとても大切です。まずは下記のチェック表で、今のご自身の症状を調べてみま[…]

今回の記事では更年期障害の一部としての抑うつ症状に関して、まとめていきます。

なぜ更年期に抑うつ症状が出やすいの?

更年期に抑うつ症状が出やすい原因はなんでしょうか。主に次にあげる2つの理由があるようです。

女性ホルモンが減ってしまうから

女性のからだでは、卵巣でエストロゲンという女性ホルモンが作られています。エストロゲンはリラックス効果・幸福感の源であるセロトニンという幸せホルモンの分泌を促進します。

更年期にはエストロゲンが閉経とともに少なくなってしまうことで、このセロトニンの分泌も減ってしまい、結果として気分が落ち込むといった抑うつ症状が出てきます。

心理的・社会的なストレスの影響

更年期は、女性の人生の中で変化が重なることが多い時期でもあります。お子さんが成人して子育てがひと段落したり、会社勤めを続けられている方は重要なポストを任されたりする時期にあたるのではないでしょうか。

またさきほども出てきたエストロゲンの分泌低下によって、美容面でも肌の調子が悪くなったり、スタイル維持が難しくなったりとストレスのもとになることも多いかもしれません。このようなからだの中での変化以外にも更年期にうつになりやすいことの原因はあるとされています。

更年期の抑うつ症状の治療法は?

もしご自身が更年期に入って気分が落ち込んだり、憂鬱になったりと言った精神面での変化を自覚されている場合、どうしたら和らげることができるのでしょうか。

薬物療法

  • ホルモン補充療法:原因のひとつにエストロゲンの分泌低下があるためこれを外から補充してあげる治療です。
  • 向精神薬:抗不安薬・抗うつ薬といった薬が有効であることもあります。
  • 漢方療法:漢方はそれぞれのからだの状態やタイプによって効きやすいものが異なり個人で選ぶのは難しいですが、その方にあったものを使うことで効果が出やすくなります。

これらの薬は医師の診察のもと処方してもらう必要があるので、症状がひどい場合には一度かかりつけのクリニックや婦人科などに相談してみましょう。

薬以外の治療法

では、薬はあまり飲みたくない、またはそこまでひどい症状ではないからまずは自分で何か試してみたいという方にはどんな方法があるのでしょうか。

  • 運動:からだを動かすことはストレス発散の効果があることが科学的に証明されています。これはさきほども出てきた幸せホルモンであるセロトニンの分泌が運動によって増えることが一つの要因であるようです。
  • アロマテラピー:香りによるリラックス効果で気分転換をすることで気持ちが上向きになることもあります。アロマを使ったマッサージなども効果的なことがあります。

更年期の抑うつ症状って予防できるの?

更年期にはどうしてもマイナスなイメージがついており、なるべくなら避けて通りたいと考える方もおられると思います。

しかし、過度に気にすることが逆にストレスになってしまいかねません。予防しようとするよりむしろうまく付き合って行くことを目標にしましょう。自分なりの気分転換の方法や相談できるパートナーや家族、友人の存在も助けになります。

最後に

更年期は女性なら誰もが経験する時期です。正しい知識を持って、身構えすぎずにいることをおすすめします。もし症状がひどい場合や、更年期障害なのかうつ病なのか迷う時、そのほか気になることがある場合は、心療内科、精神科や婦人科へ受診を検討しましょう。MIZENクリニックでもうつ病の診断や治療が可能なので、お困りの際はお気軽にご相談ください。

※ MIZENクリニックでは婦人科診療は行なっておりませんので、ホルモン補充療法は行えません。

最新情報をチェックしよう!
>夜間内科 「MIZENクリニック」

夜間内科 「MIZENクリニック」

「MIZENクリニック」は、『働く人のための夜間診療内科』をコンセプトに、平日の夜17時30分から21時30分まで診察しております。 多様な専門性と診療方針の医師が、風邪などの日常病や、高血圧や糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病をはじめ、喘息、風邪、不眠、メンタルヘルスなどお困りごとに対して幅広くご対応させて頂きます。

CTR IMG